宜野座村観光 沖縄美ら海水族館からの帰りにぜひお立ち寄りください

MENUMENU
宜野座村の魅力 宜野座村の魅力

宜野座村の魅力

稜線艶やかなガラマン岳連山を北方を臨み、南東には大海原・太平洋が悠遠に広がる…。沖縄本島のほぼ中央部、東岸に位置する“水と緑と太陽の里”、宜野座村。圧倒的大自然に囲まれた集落には、昔ながらの赤瓦家屋や、祖先が静かに眠る御嶽など、失われし沖縄の原風景が素朴に残る。あまり知られていない、宜野座の魅力とは?

長寿を誇る村民、穏やかな人柄。
歴史上では、縄文時代から水場を拠り所に生活してきた人々。
祖先が眠る御嶽、明示に首里・那覇・泊から寄留した士族による芸能と豊年祭は、今なお継承されている。

水と緑と太陽の里”を標榜する、恵まれた自然。
二つの福地川に挟まれた水のある風景。
村指定の文化財の松並木など、景観を彩る琉球松。
随所に根付く子どもたちが戯れるガジュマル。

昔ながらの生活、
受け継がれてきた文化の中に息づく素朴な暮らし。
共同売店ではその日取れた地元産品が並ぶ。
ここに無いものは生活に必要ないものかもしれない。

北部東海岸という地理上ならではの喧騒の無い静かな土地。
済んだ空気ならではの星空の下、
自然と隣合わせの静寂な環境こそ宝。 そしてもちろん、朝日で始まる美しい一日は、東海岸ならではの特権。